おそらくあるまい。

『徴兵制』が現憲法下で可能だという解釈を内閣がなしても、立法化された場合、訴訟の嵐になるのは確実だ。そして仮に最高裁が違憲判断を下せば、 制度そのものが廃止に追い込まれるかもしれない。

そうなれば『徴兵制』を容認した政権にとって、大打撃だ。
政権にそのようなリスクを背負い込む覚悟がある だろうか?おそらくあるまい。 集団的自衛権容認とはまた違うのである。
集団的自衛権容認は一般国民の権利自由を具体的には侵害しておらず、 不倫調査 神戸また国家防衛の根幹にかかわる高度な政治判断だ。ゆえに違憲論が国会や世論には浮かび上がっても、司法の場で判断されることはまずありえない。 朝日新聞社のアジテーションはいつものことだが、煽りすぎても世論は逆に冷めるだけではないだろうか?手を変え品を変えてもアジはアジ。
アジはうまいが、毎日同じ魚を出されても飽きる。たまにはサバが食べたくなるのが世論というものであろう。 韓国関連の記事を読む時には、韓国の新聞がどう考えているかを知ると面白い。たとえば、韓国の新聞、中央日報は韓国の観光についてこう考えているようだ。