お疲れ様でした★

山に登るのは大変。私には自力でこんな山に登るのは無理だけど、こういうちょっとずつ登っては降りて、また登って降りて、最後、頂まで上り詰めて行く人の力は素直にすごいなーと。

慣れない外国で、慣れない言葉に食事で、それでもなんやかを思って、確実に登り切ったんだろうなーというのを考えるとそれだけ思うことがあったんだろうなーって。

復興もまだまだ課題は進まないままですが、山登りのようにちょっとずつ確実に。名古屋から私のような人間ができることは少ないですが見守っていきます。

ここ一年半で帰宅時や外出時にお年寄りが倒れたところに遭遇することが多い。今日も駅に隣接する自転車置き場の前でをお年寄り男性がたおれたところだったらしく、男の人二人と私より少しだけ早く駆けつけたタクシーの運転手さんが介助をしていた。

救急車をよんでないようだな、呼んだほうがよいか、意識はあるようだしと一瞬声かけを逡巡していたら、私と同じ電車に乗ってきただろう男子高校生が事態に気づいて間髪あけずに、「大丈夫ですか。救急車を呼びましょうか?」と率直な一声。そんな緊急時だったにも関わらず感動して惚れそうになったw