やたらと西郷を褒めていたりもした。

このランキングに出てきた人みたいな生き様には憧れますが、下についたら苦労しそうな人が多いですよ。

下につくなら、こういう人が良いのでは?

島津斉彬…幕末の薩摩藩主。西郷隆盛や篤姫、小松帯刀といった人材の育成と抜擢を行う。また産業の育成と海外技術の導入等の富国強兵策を幕府に先駆けて行う。指導者として優秀なだけでなく、西郷を他人に紹介する時にやたらと西郷を褒めていたりもした。

小松帯刀…財政感覚や交渉能力に才を発揮した人物。戊辰戦争の費用調達や亀山社中(後の海援隊)に出資したりした。
西郷や大久保が活躍しやすいようにバックアップして彼等に華を持たせた。彼が上司としていかに理想的な人かは坂本龍馬、西郷隆盛、大久保利通の偉業が物語っている。

豊臣秀吉…晩年の天狗っぷりと成金趣味は最悪である。ただ、若い頃の土木工事のエピソードなんかを見ると部下が楽しくしかも質の高い仕事が出来るように心を配っている。 また、陽気で憎めない人格に説得されて仲間になった人間達も多く、一緒に仕事をしたら楽しいという雰囲気を醸し出していたのだと思われる。