ドンドン増やして

今まで半端な書き方をしてきたが事務所が閉鎖することに伴う引っ越し作業はほぼ終了した。
後は残った事務用品(デスクや椅子など)と什器の撤去だけの状態になった。

元々は10年近く前に蒲田を拠点にしていた小生が当時、付合いのあった封筒屋の外注であった活版の封筒屋が廃業すると言うので蒲田の家主である名古屋のIT会社から撤退を勧められていたので渡りに船と借り受けたのが始まり。
それ以前はと言うと封筒屋の前は製本屋、その前は印刷屋と代々印刷関係の工場になっていた場所である。
然し、小生の前の封筒屋もその前の製本屋も何れも廃業や倒産している所に何も考えずに借りて有限会社シエルを設立した。
〝ここを拠点にビルでも建ててやろうか!〟ぐらいの気持ちでいたし、実際の所年々売上は倍々に増え、社員もドンドン増やして〝社長業も結構面白いかも〟と思い出していた矢先、債権の未回収に1件ならず見舞われ直ぐに首が回らなくなり小生が遁走した。
その夜逃げする前の年から叔父貴が机を1つ貸してくれと言うことで間貸しした。
家賃は貰っていたが、そんな家賃は当てにしなくても良い程、売上も利益も上がっていたので気にもしなかった。