内臓脂肪

消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、一般的には腹痛・悪心・嘔吐・腹下しの症状がみられる程度ですが、細菌感染が原因の場合は激烈な腹痛・長引く悪心・繰り返す嘔吐・下痢の他に38℃以上の高熱が出るのが違いだといえます。
内臓脂肪症候群とは言われていなくても、内臓脂肪が多めに付着してしまう種類の悪質な体重過多が存在することに縁り、数多くの生活習慣病に罹患しやすくなります。
ダイエットに没頭するあまり1日の総カロリーを抑制する、十分食事を食べない、こうしたライフスタイルを続けると結果的に栄養までもを不足させ、慢性的な冷え性を誘発する事は、頻繁に言われているのです。
男性だけにある前立腺という生殖器はその成長や働きにアンドロゲンがとても深く関係していますが、前立腺にできてしまったガンも同じく、アンドロゲン(男性ホルモン)の作用を受けて大きくなります。
自動車事故や高所からの転落事故など、著しく強い外力が身体にかかった場合は、複数の部位に骨折が齎されてしまったり、骨が外部に突出する開放骨折となったり、さらに重症の時は内臓が損壊することもままあります。
急性中耳炎(Acute otitis media)とは、一番症例の多い中耳炎で比較的子どもによくみられる病気です。猛烈な耳痛や38℃以上の発熱、鼓膜のひどい腫れや炎症、耳漏(耳だれ)などたくさんの症状が発生します。
30〜39才の間に更年期になったら、医学的な言葉で表現すると「早期閉経」という女性疾患に当てはまります(日本においては40歳以下の比較的若い女性が閉経してしまうケースを「早発閉経(POF)」と定義付けています)。
呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの研究によって、ワクチンの効能が見通せるのは、ワクチン接種日のおよそ2週間後から約5カ月間程だろうということが判明しました。
3つのアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を鈍くしたり突然変異を招く人体に悪影響を及ぼす有害物質を身体の中で解毒し、肝機能を強化するような特性が分かっているのです。
感染症のポリオを予防する不活化ポリオワクチンは、現在まで採用されてきた生ワクチンにかわり、2012年9月1日から原則無料で接種することができる定期接種となるので、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で個々に受ける個別接種のスタイルに変更されました。
鍼灸の鍼を刺してもらう、という直接的な程よい何か所もの刺激は、神経細胞を活性させ、神経インパルスという名前の要は電気信号の化学伝達を発起させると言われているようです。
クシャミや鼻水、鼻づまりに目のかゆみ・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の辛い症状は、アレルギーの原因である花粉の飛散する量に追従するように悪化してしまうという特徴があるそうです。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許切れの後に発売されるもので、等しい成分で経済的負担を抑制できる(薬の代金が高くない)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。
V.B6は、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をトリカルボン酸回路と呼ばれているエネルギー源を活用するために必要な重要な回路に組み込ませるため、再度細分化するのを促進するという機能もあるのです。
春と秋に患者が増える花粉症とは、山のスギやヒノキ、ブタクサなどの大量に放出される花粉が誘因となって、クシャミ・目や皮膚の痒み・ノドの痛み・鼻みずなどの多様なアレルギー症状を主訴とする病気だということは、今や常識となりました。