判断

「肝機能の悪化」については、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ等3種類の値によって判断できますが、最近では肝機能が衰退している方々が微増していると報じられています。
高齢化が原因の難聴では毎日少しずつ聴力が低下していきますが、大体は60歳くらいまでは聴力の老化をしっかり把握できないものです。
エイズウイルス、つまりHIVを保有している血液や精液、母乳、腟分泌液、唾液などのあらゆる体液が、交渉相手や看病する人などの傷口や粘膜部分等に接触した場合、HIVに感染する危険性があります。
現在の病院の手術室には、レストルームや器械室、手術準備室を作り、オペ中に撮影するためのX線装置を準備しておくか、そうでなければ近くにX線のための専門室を設置しておくのが慣例となっている。
お年を召した方や病気を患っている人などは、際立って肺炎に罹りやすくなかなか治らないという傾向が見られるため、予防する意識や早めの処置が必要です。
1回永久歯の表面の骨を溶かすまでに進んでしまった歯周病は、悲しいことに病状そのものが安定することはあっても、骨が元通りに復元されるようなことはないと言われているのが現状です。
昨今、比較的若い世代で感染症のひとつである結核に対抗できる免疫を保有していない人々の割合が高くなっていることや、早合点のために受診が遅れることなどが主因の集団院内感染(アウトブレイク)の発生頻度が高くなっています。
環状紅斑とは何かというと環状、所謂輪っかのようなまるい形をした赤い色の発疹など、様々な皮膚疾患の総合的な病名であって、理由は本当に多種多様だといえます。
ライブの開催されるスペースやディスコなどに置かれているものすごく大きなスピーカーの正面で大音量を浴び続けて耳が聞こえにくくなることを「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と呼んでいるのです。
ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が無くなった後に売られる、新薬と同一の成分で自己負担分を少なく抑えられる(薬の価格が高価ではない)後発医薬品です。
内臓脂肪型の肥満が診られて、脂質(ししつ、lipid)、高血圧、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2項目以上該当する様子を、メタボ(メタボリックシンドローム)と呼びます。
常在細菌であるブドウ球菌(英:staphylococcus)はグラム陽性球菌であり、毒素が強大な黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus)と毒の低いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つに分けられるのです。
アメリカやEU圏では、新薬の特許が切れた約4週間後には、製薬市場のおよそ80%が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に替わるという飲み薬もあるほど、ジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)は世界中に浸透しているのです。
杉花粉症などの病状(鼻みず、鼻詰まり、連発するくしゃみ等)のために夜よく眠れない場合、それが元凶で慢性的な睡眠不足となり、次の日の行動に芳しくない影響を及ぼすかもしれません。
内臓脂肪症候群であるとは診断されていなくても、臓器の脂肪が多く付きやすい型式の肥満症になってしまうことに縁り、深刻な生活習慣病を招く可能性が高まります。