手を伸ばして

否定されたから「はい止めます」と いうのは、ここまで国政にまで手を伸ばして散々辺り構わず引っ掻き回すだけ引っ掻き回して逃げ出したようなものでしょうよ。

散々迷惑かけて逃げるっ て……。ねぇ…。
東日本大震災の災禍を風化させないようにするという意思は賛成です。
ただ、記事にもあるように既に9月1日(1923年の関東大震災)に防災の日というの がありますし、1月17日(1995年の阪神淡路大震災)の防災とボランティアの日というものありますから、それら既存の記念日とは異なるものにならなけ れば、 書道半紙のサイズ個々の災害をひとつにまとめてしまえばいいなんて見も蓋もない事になりますからね。
 東日本大震災は地震による被害、津波による被害、原子力発電所事故による被害の三つが主因となったものですからね。防災全体に関しては防災の 日、津波に関しては11月5日(1954年(旧暦12月24日)の安政南海地震)の津波防災の日に、ボランティアは1月17日になってますから、3月11 日の東日本大震災は原発事故に関するものになるのでしょうかね。
もちろん、原発事故一つが突出しているようなものではありませんが。大事なのはあの未曾有 の大災害を、甚大な被害をもたらした大災害を風化させずに後世に伝える事ですからね。こんな小姑のように重箱の隅をつつくような事を言ってる私がおかしい んでしょう。