教育について

「信用」は、金融関係で は、数値化できる返済能力を指します。
「民度」は、お叱りを受けるかもしれませんが、一般的なアバウトな使い方です。

すなわち、文化面なども含めて います。教育についてですが、以前にどこかで書きましたが、数値化できる部分と、教育の成果は明らかに別モノです。
つまりは、国際学力検定などで指標として数値化できるペーパーの成績や、識字率などでは測りきれない部分があるということです。
私は、家事代行目黒区そこが重要だと思います。い い例が、労働運動です。フランス人と話すと、思い知らされますが、フランスでは、学校で、「AはBだ」と教わると、実生活でも「AはBだ」です。もしも、 「実は、AはBではなく、Cだ」ということがわかったとしたら、学校で教える内容を学者が積極的に変えます。日本の学校教育で教わる、労働者の権利など は、実生活ではスルーされるというのが、現状だと思います。
私の体験ですが、教員を地元でやっている友人の結婚式に出ました。校長という人が、 「新婦は、新郎の家の家風に合わせて、一歩も二歩も下がって…」とスピーチしていました。