行動

お酒に含まれるアルコールやお薬、合成着色料を始めとした食品添加物等の成分を酵素により分解して無毒化する機能の事を解毒と呼び、多機能な肝臓の果たす大事な役割分担の一つなのです。
ビタミンB6には、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をトリカルボン酸回路と呼ばれるエネルギー代謝のために必要な回路へ組み込むため、もっと化学分解することを促進するという作用もあるのです。
スギ花粉症などの症状(鼻みず、鼻詰まり、連発するくしゃみ等)のために夜間よく眠れない場合、それが誘因で慢性的な睡眠不足になり、翌朝目覚めてからの行動に芳しくないダメージを及ぼすことがあります。
複雑骨折して大量出血した状態では、急に血圧が下がって眩暈や冷や汗、悪心、座っていても起こる意識消失発作などの不快な脳貧血が出る場合があります。
昨今、若い世代で結核菌に対抗する免疫力、すなわち抵抗力を保持していない人々が増加していることや、早合点のために診断が遅れることなどが主因の集団・院内感染(アウトブレイク)が増えていると言われています。
アメリカやEU圏では、新薬の特許が切れた約30日後には、製薬市場の約8割がジェネリックに替わる薬もある位、ジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)は世界各国で知られているという現実があります。
BMI(体格指数)の計算式はどこの国でも共通ですが、値の評価基準は国ごとにそれぞれ違っていて、(社)日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22が標準、BMI25以上を肥満、18.5未満の場合は低体重と決定しています。
1型糖尿病というのは、膵臓に内在する血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が損傷を受けてしまうことにより、結果的に膵臓から血糖値を正常に保てるだけのインスリンが分泌されなくなることによって発症に至るという自己免疫性のタイプの糖尿病なのです。
ビタミン欠乏症である脚気の症状は、主に両手両足が麻痺したり下肢の著しい浮腫などが標準で、症状が進行してしまうと、重症の場合、心不全も齎す可能性があります。
常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)は紫に染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒が非常に強い黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus)と毒力が脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種が挙げられます。
花粉症というものは、森林のスギや檜、松などの虫によって媒介されない花粉がアレルゲンとなって、くしゃみ・頭重感・鼻づまり・鼻みずなどの不快なアレルギー症状を引き起こす病気だといえます。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年採用されてきた生ワクチンにかわる新しい手段として、となるため、集団接種ではなく医療機関で個々に注射してもらう個別接種のスタイルになっています。
肥満というのは言うまでもなく摂取する食物の種類や運動不足などが誘因ですが、量の等しいごはんであったとしても、あっというまに食べ終わる「早食い」を続けていれば肥満の状態を招きやすくなると考えられています。
20歳代、30歳代で更年期になったとしたら、医学的な言葉で表すと「早期閉経(premature menopause)」という女性疾患に当てはまります(この国においては40歳以下の女の人が閉経してしまうケースを「早発閉経(早期閉経)」と言います)。
日光に当たると生成されるビタミンDは、カルシウムが体に吸収されるのを助長するという性質で有名であり、血液の中のカルシウム濃度を操って、筋肉の動き方を適切に調節したり、骨を作ったりします。